【芸能】竹内涼真“新”、平手友梨奈“葵”を愛していると自覚「オレの答は全部……葵だ」<六本木クラス>

スポンサーリンク
芸能

9月22日放送の「六本木クラス」(毎週木曜夜9:00-10:00、テレビ朝日系)第12話で、新(竹内涼真)が葵(平手友梨奈)を愛していたことを自覚し、その恋心に素直に従うことに決めた。

【写真】まさに天使…!寝顔もいとおしい敏腕マネジャー・葵(平手友梨奈)

■葵、過労で倒れる

本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」を日韓共同プロジェクトでリメークした作品。主人公・宮部新が、自分を絶望の淵にたたき落とした長屋茂(香川照之)・龍河(早乙女太一)親子に復讐を誓い、彼らが営む巨大企業“長屋ホールディングス”に仲間と共に挑んでいく下剋上ストーリー。と共に、新を巡る三角関係や仲間たちとの絆も見どころで、ジャンルミックスエンタテインメント作品となっている。

葵は、長屋ホールディングスの非常勤取締役になるための根回しやRCへの投資主探しに日夜奔走していたせいで、過労で倒れてしまった。優勢かと思われていた取締役の座も、龍二(鈴鹿央士)が海外の株主に手を回したことで逃してしまう。

病室にやって来た新から残念な結果の報告を受けた葵は、「長屋を打ち負かす別のプランがある」と、すぐさま起き上がり行動しようとする。そんな彼女を「いいから!」と強い口調で止める新。「今動いたら、オマエはクビだ。絶対に動くな」と言い残して病室を出て行った。

■誰も傷つかない恋愛なんて無理っす

病院の廊下で1人、悔しさをにじませながら落ち込む新に、亮太(中尾明慶)が「負けたからですか?それとも、葵のこと?」と尋ねる。振り返った新の表情を見て、亮太は言った。

もしかして、揺れてんすか?」

すると、新はいつものように葵との年齢差やビジネスパートナーであることを持ち出し始めるが、歯切れが悪い。そんな彼を亮太は「何でそんな言い訳するんすか!アニキが葵を好きになったら優香(新木優子)さんが傷つくからっすか!?誰も傷つかない恋愛なんて、そんなん無理っすよ!」と説教。

続けて、「もっと自分の気持ちに正直になった方がいい」と煮え切らない態度の新に指摘した。最近まで葵の新への恋心にまったく気づかなかった亮太の鋭く芯を喰った説教に、「亮太、見直した!」「よく言ってくれた!」と、視聴者評価は一転した。

■一番愛している人…それは葵

新は夜に病院に戻った際、葵とりく(さとうほなみ)の会話を聞く。葵が倒れるまで必死で働いているのは、新に「会社にとって必要だからクビにしない」と言われたからだった。「会社から必要とされる存在にならないと、代表を好きでいられる資格が無い」と考えていたのだ。

それを聞いたりくは、「バッカだねぇ」とあきれて笑い、「たとえ仕事ができなくても、代表はアンタが必要だよ。何年も一緒に居て、そんなこともわからないの?」。葵の本音を知った新は、彼女にそんな風に思わせてしまっていたことを反省した。

そんなある日、新は販促のキャンペーンについて亮太と話し合う。亮太が「一番感謝している人」「一番謝りたい人」「出会って最高にラッキーだった人」と企画を読み上げるたびに、新の中で浮かんだのはどれも葵だった。そして「一番愛している人」も優香ではなく葵だった。「オレの答は全部……葵だ」。ついに「葵を愛している」と確信した瞬間し、新は会社を飛び出し、葵の元へ全速力で向かった。

病院に着くと、ロビーで葵の見舞いに来た龍二と会う。龍二の葵への強い想いを改めて聞いた新は、「オマエがそんなに好きなら、やっぱり諦めないとダメだよなぁ」とつぶやく。が、すぐに思い直して「いや、どうでもいい。オマエに何を言われようがかまわない」と言いながら、龍二の顔の間近まで迫り「オレは、葵が好きだ」と堂々と宣言した。

■葵に会いたくて、死の淵から生還

そして病室へ行くが、葵は居ない。龍河(早乙女太一)の策略で拉致されてしまったのだ。犯人からのメッセージを見て拉致現場に向かった新だったが、龍二を銃弾からかばって、意識不明の重体になってしまった。意識が途切れていく中で思い出したのは葵のこと。そして、彼女から初めて愛の告白を受けたときに「好きになるな」と無情に振り切ったことを後悔した。泣きながら何度も「愛してる」と想いをぶつけてきた葵を思い出し「オレは今、たまらなく会いたい」と思った瞬間、意識を失った。

あの最初の告白の時点で、新は葵に魅かれる可能性を感じていたのかもしれない。それまで、彼の世界には女性は優香しか居なかったのに、突然、別の女性が現れた。彼の恋は“追うもの”だったから、“追われる”ことに戸惑いもあったはずだ。亮太も言っていたが、「優香をずっと好きなオレ」ということが、葵への気持ちに大きくブレーキをかけていたのではないだろうか。事あるごとに持ち出した「年齢差」「ビジネスパートナー」も、結局は自分に対して言い聞かせていたように思える。

新は、何とか一命を取り留めたが、生死の境をさまよう。そこでも思い出すのは葵のことばかり…。一瞬、彼女の顔がぼんやりとしか浮かばず、忘れてしまったのか?とやきもきしたが、だんだん記憶は鮮明に。そして、意識の中で会った父・信二(光石研)があの世に連れていこうとしたとき、彼女が浮かび、「デートがあるから」と、ギリギリであの世行きを踏みとどまったのだ。

「あの人は今まで一度も私を失望させたことはないから」と、新は死なないと確信していた葵と、彼女への愛の力で死の淵から生還した新は再会できるだろうか。自暴自棄になって「全部終わらせる」と言っている龍河が何をしでかす気なのか…。次回はいよいよ最終話となる。

◆文=ザテレビジョンドラマ


BgtvcRO27uVeYht-yp2s4Z7YOp2V2n2juZVuJ9HaIrk

新は、亮太に「葵への気持ちに正直になれ」と説教される/(C)Kwang jin /tv asahi


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

続きを読む
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました