篠田麻里子 不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」連発の背景

スポンサーリンク
芸能
篠田麻里子 不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」連発の背景
1: なまえないよぉ~ 2023/01/25(水) 10:24:43.53
「複数の週刊誌は篠田麻里子の不倫ネタを扱えない理由があるようです」

元AKB48のメンバー篠田麻里子(36)と実業家のX氏との不倫疑惑をめぐり、連日報道が過熱しているが、一部媒体は篠田を擁護する記事を連日出している。

篠田といえば、夫A氏が篠田の不貞の証拠を突き付ける“修羅場音声”がネット上に流出。「マリちゃん寂しかった」「踏みとどまろうと思った」などと半ば不倫を認める、篠田らしき人物の“言質”が確認された。極めつけは「死ぬから許して」と言って、バルコニーから飛び降りる寸前の様子がわかるような音声まで拡散され、不倫相手との性交渉の日までアプリに記録していたという画面も公開された。

しかし篠田はその後、不倫疑惑を完全否定し、その上、監護権も認められていたことが明らかになった。

■ロンブー淳は「あの内容から『してない』ってよく言えるなぁ」

それについてはロンドンブーツ1号2号の田村淳も自身のユーチューブの生配信で「あの内容から『不倫をしてない』ってよく言えるなぁ…」と心境を吐露している。

ただ、篠田が不倫疑惑を完全否定した後、なぜか擁護記事が連発されることになる。

「夫A氏が金銭を要求したり、音声は切り取られたものだと主張したり、アプリの画面は捏造されたものという篠田さんが有利になる内容が記事では目立ちました。そうした報道をする媒体もあれば、不自然なまでに篠田さんの不倫報道に触れないという媒体もありました。その背景にはAKBグループの“圧倒的な影響力”があります。AKBグループや坂道系は写真誌にとって不可欠なコンテンツ。持ちつ持たれつの密接な関係にあるため、現役メンバーやグループ貢献度の高かった元メンバーがピンチのときの“擁護記事”が発生するというカラクリです」(芸能ジャーナリスト)

この不自然さはネットやSNSのユーザーにはすでにお見通しのようだ。《もう今の時代はこういう工作は通用しないよ》《篠田の事務所のお抱えなのかな?》《連日どうした?逆効果だぞ》

あのリアリティのある証拠の数々の前に、篠田の反論記事は無理がある筋書きだという声が溢れかえっている。篠田が子供と公園で仲睦まじく遊ぶ姿などの写真も掲載されており、“子煩悩イメージ”も回復しているのだろうか。

もっとも、篠田が不倫をした証拠が何者かによって捏造された可能性も捨て切れない。夫A氏は不倫相手X氏も訴えており、篠田自身も不倫を否定した上で、「今後、私が法廷に立つことになっても、そう主張していきます」と宣言している。A氏と篠田側の水掛け論は法廷バトルに持ち込まれる。

https://nordot.app/990369171146653696

pose_english_wow_man

続きを読む

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました